ぽっこりお腹が気になる20代男のダイエットガイド

お腹の脂肪に良い運動について

ダイエットが必要な男

皆さんはお腹の周りについている脂肪を落とす為にまず何をしますか?
多くの人は腹筋運動をするのではないでしょうか?
ただ、腹筋運動自体に脂肪を落とす効果はないのです。

 

腹筋運動を続ければお腹に腹筋が付くのでぽっこりお腹が引き締まったように見えますが、皮下脂肪は残っています。
ではお腹の脂肪に良い運動とは何でしょうか?
それは有酸素運動です。
有酸素運動は皮下脂肪を燃焼させる効果が高い運動です。

 

ぽっこりお腹の脂肪に良い運動ですので、是非とも取り入れましょう。
とは言え普段運動しない人が有酸素運動をするのは意外と厳しいものです。
有酸素運動と言えば、ジョギングやウォーキングあるいは水泳やダンスもあります
脂肪を落としたいなら、週4日、1日30分が目安ですがいきなり続けられませんよね。

 

ただ自宅で手軽に出来るお腹の脂肪に良い運動もあります。
その一つが踏み台昇降運動です。
高さは10cm〜30cm以下の低めの台を使います。
後は普通に踏み台昇降運動をするだけですが、両腕をしっかり振りながら行うと腕や脇腹のエクササイズにもなります。

 

後はスクワット運動も効果的です。
スクワットみたいな筋トレには脂肪を落とす効果はないのでは?と思うかもしれません。
もちろん息切れするぐらい激しくすれば、それは筋トレで有酸素運動にはなりません。
ただ、ゆっくりとしたペースで少しきついと感じる程度で行えば有酸素運動の効果があります。
何より足の筋肉は体の筋肉の約7割を占めるので、非常に高い運動効果が得られます。

皮下脂肪の基礎知識

ダイエットをする上で知っておきたいのが脂肪の知識です。
脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪と言うものがあり同じ脂肪でも異なる性質を持っています。
今回は皮下脂肪について詳しく説明していきたいと思います。

 

皮下脂肪とは皮膚のすぐ下に存在する脂肪です。
ぽっこりお腹の肉って簡単に摘めますよね?
それが皮下脂肪のことなんです。

 

皮下脂肪は無駄なものと言うイメージがありますが、人間にとって必要な脂肪なんです
体を外気との温度差から保護する、衝撃を吸収するといった役割があります。
また、生命を維持するためのエネルギーを蓄えるなどの役割もあります。

 

こういった役割があるとは言え皮下脂肪の付けすぎは禁物です。
何より皮下脂肪は一度付くと落としにくいという嫌な欠点を持っています。
内臓脂肪は過剰なカロリー摂取や運動不足で一気に増える一方、
減らしやすいという性質を持っています。
皮下脂肪とは一気に増えるのではなく、徐々に蓄積するのでそれを減らすのは難しいです。

 

内臓脂肪は生活習慣病など病気の原因となるイメージをお持ちかもしれません。
では皮下脂肪はどうでしょうか?
確かに皮下脂肪とは内臓脂肪に比べ病気の原因となるリスクは少ないです。
ただ、肥満が目立つので見た目の印象が悪いですよね。

 

皮下脂肪を落とすなら、有酸素運動に加え筋トレを行うのが効果的です。
筋肉を付け代謝を上げることで脂肪を燃焼させやすくするのです。
炭水化物ダイエットが流行ってますが、
炭水化物を抜くと内臓脂肪をエネルギーとして使います。
ただ、内臓脂肪を減らすことは皮下脂肪を落とすことにも効果があるのでオススメです。

基礎代謝UPに必要なことは?

ダイエットをしている人ならばよく耳にする基礎代謝。
これをUPさせるのはダイエットにも効果的ですが美容にとっても効果的です。
では基礎代謝をUPさせるには何をすればいいのでしょうか?

 

まず基礎代謝というのは体を動かしていなくても消費されるエネルギーのことを言います。
例えば、呼吸をする、心臓などの臓器を動かす、
体温を保つといった生命維持に必要な働きです。
代謝には、生活活動代謝、食事誘導性熱代謝というものも存在します。
その中でも基礎代謝が代謝の6〜7割を占めています

 

そのため、基礎代謝を上げるとダイエットに効果的と各所で言われているのです。
この代謝は18歳前後をピークに、年齢とともに落ちていきます。
そして40歳を過ぎると一気に減ってしまいます。
代謝が減る主な原因は加齢による筋肉量の低下です。

 

ですから、基礎代謝をUPさせるには筋肉の量を増やすのが効果的です。
筋肉を増やすにはたんぱく質をしっかり摂り、運動をすることが必要です。
また、普段の歩き方・座り方を少し変えるだけで筋肉が鍛えられます

 

例えば、イスに座るときは背もたれを使わず座ります。
さらに、お尻の後側を上げて座る(少し前のめりになる感じで)と
普段使わない筋肉が使われるようになります。
お尻の後に丸めたタオルなどを挟むと座りやすいです。

 

また、冷え性の改善も効果的です。
冷え性だと内臓温度が低下してしまいます。
内臓温度の低下は基礎代謝の低下も招きますので、
冷え性を改善すれば代謝がUPします。